身近な色遊び「ぬりえ」

P1050191

子どもの頃、表紙に「ぬりえ」と大きく書かれたぬりえ帳を
買ってもらうのが楽しみでした。
両手に抱えて、わくわくしていたその時の嬉しい気持ちを覚えています。

今は、書店に行けば「大人の塗り絵」なども 種類がたくさんありますし
今は紙だけでなく、Web上で遊べるものもありますね。

塗り絵の魅力はどこにあるのでしょう?

まず、何より絵を描くのが苦手な人にも
簡単に描画を楽しめるところです。
絵に対して身構えてしまったり、、苦手なんて思わなくていいはずなのに、、
(この辺りはまた別の機会にお話しますね)

絵心があったり、、好む人は描画を通じて 
どんどん色と触れ合えるのに、、
そうでない場合は どんどん遠ざかってしまう、、
残念なことです。
自分の思いのままに色を塗る。
実は とってもいい効果をもたらすのですよ。

まず一つ目は
ヒーリング効果。
色を塗るという行為の中に 自分のイメージするものを表現できるのです。
すなわち、心のイメージを視覚化するということですね。
心が穏やかになります。

 

 *パステルを使用

 

 

二つ目は
ストレス解消。
短時間の集中力とその後にやってくる達成感が、
ストレスをふっとばしてくれます。

 

P1050180 *クレヨンを使用

 

 

そして、三つめが
右脳の活性化。
創造力を強化してくれます。

 

P1050170 *マーカーペンを使用

 

 

ただこの三つめの右脳の活性化のためには
塗り絵の図柄がポイントになります。

好きなキャラクターものに色を塗っていくのは楽しい時間となりますが、
創造力という面では、物足りないのです。

単純で規則性のあるような柄は知らず知らずの間に
創造しながら塗っていくことができます。

 

 

ayaカラーオリジナルぬりえはマンダラ塗り絵の考えをもとに
作っています。

今回載せていますのは子ども向けのものですが、
大人の方にも楽しんでもらえます。

P1050206

見本左は 面塗りを楽しむ方法。(マーカーペンで塗り尽くしています)
     *色の鮮やかさを楽しめますね。

見本右は ラインを楽しむ方法
     利き手の反対の手で、枠からはみ出さないようにラインで色を塗ります。
     *動きの悪い手を使うことで、とても集中します。

出来上がりましたら少し遠くから眺めて楽しんでくださいね。 

 

☆今回は特別に塗り絵をプレゼント☆

こちらのダウンロードは2014.7月20日をもちまして
終了いたしました。

   

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

 

ayaカラー☆色育ブログ