秋らしくなってきましたね。
これからの季節、芸術文化の催しが増えます。
今回は、先日行きました いけばな展を
色彩に目線をおいて
ご紹介します。

華と人-美術館にいける
草月いけばな展

とても素敵な題が付いたいけばな展♡
京都まで行った来ました。

IMG_2045
美術館の中に入る前から、、見る側の準備が、、
緑のお庭が五感を研ぎ澄ませてくれるような、、、。
心の中は期待感でいっぱいです。

 

IMG_2049
曲線の美しいフォルムにうっとり
他の色を寄せ付けない白
迫力があります。

 

IMG_2066
直線的な中に
ピンクのお花が甘すぎず
やわらげてくれています。

 

IMG_2080
抱きつきたくなるような
たっぷり感
落ち着いた色には安心感が、、
それでいて留まっていない、、
薄黄緑から感じます。

 

IMG_2102
赤はバラです。
今見てもぞくっとします。
深い赤ローズの色のせいでしょうか。

 

IMG_2087
綺麗でしょ♡
器の赤と葉の緑
やわらげてくれる薄茶に
鮮やかな黄
そして、、
質感感じる黒
それぞれの色が主張し合っている感が
とても質の良い賑やかさを感じます。

 

まだまだ素敵な作品がたくさんあり、
はっと気が付くと、座りもせず、水分も取らず
2時間、、鑑賞に浸っていました。

まさに美の空間でした。
素晴らしい草月流のお花との出会いに感謝です。

感想はあくまでも私個人のモノ。
作者の方の想いとは遠く離れてることもあるかもしれません。
しかし、鑑賞とは本来自由なものなので、、
それもまたいいのではないかと思います。

これからの季節、お花の展覧会はたくさん開催されるとのことです。
皆さんも足を運んでお花を楽しんでみませんか~
素敵な美の出会いが待っていますよ。

 

本日もお読み下さりありがとうございました。

 

 

幼児教育と色彩
ayaカラー☆色育ブログ