絵本のご紹介『THE ARTIST WHO PAINTED A BLUE HOURSE』Eric Carl

エリックカールさんの絵本は子どもたちはもちろん
お母さん方にも人気があります。

この1冊は洋書版の新刊

青い馬に一目惚れで手にとったのですが、、Green

1番目を惹いたのが
a green lion
強い野生の王者の優しさが
たまらなく色にあらわれています。
背景の赤は大胆な夕日でしょうか。
色のコントラストも美しく
lionに見とれてしまいます。

エリックさんの絵本は、一見、単調なあざやかな色と捉えられがちですが
じっくり見ると色には濃淡があり、青、緑といっても
単色では使われていません。
2ページに渡る大きなサイズで楽しめる
動物たちの表情と色 
手元に置きたくなる1冊です。

 

ayaカラー◇色育ブログ